腰痛・肩の痛みに福岡市の根本改善サロンーゆるむんや

股関節の内側が痛い 実は内転筋以外も原因があります

股関節
 
ブログキャッチ

股関節の内側、ちょうどVゾーンの真ん中近くから縦に痛みを感じる。
恥骨筋や長内転筋などの内転筋群だけでなく、他に原因があります。

痛みの原因は腸骨筋の下部分

股関節の内側、ちょうどVゾーンの真ん中近くから縦に痛みを感じる40代男性
ランニング中に痛めたそうです。

カラダを反らせると、右側の痛みを感じる辺りの伸びが悪く、伸び切れません

恥骨筋に圧痛を感じるのでゆるめても、他に原因があるようで、横向きに寝て脚を後ろに反らせると、引っかかる感じがあり、脚を上げる動作をすると外に逃げるので、腸骨筋を慎重にゆるめるとお客さまも痛みを感じなくなりました。

原因は腸骨筋の下部分、赤い印のところです。
腸骨筋下部分

この筋肉が硬く縮まった状態で、脚を上げるときも、下ろす時も痛みが出てしまったようです。

この腸骨筋の動きは脚を上げるとき、股関節を前に曲げるときに動作する筋肉です。

このお客さまはランニング中に、脚を上げたり降ろしたりしている時に腸骨筋の赤い部分に無理がかかり、ロックし硬く縮んだと思われます。

また、開脚すると伸ばされて、腸骨筋の赤い部分がロックしていると、痛みが出るので、内転筋と原因が似ているので判断が難しい箇所です。

大腰筋と赤い印の部分で繋がっていますので、大腰筋の筋肉もゆるめると、さらに改善し再発予防にもつながります。

内転筋や中臀筋のロックも影響します

内転筋群
ランニングで普段影響するのが、中臀筋(ちゅうでんきん)や内転筋群も影響します。
内転筋は一歩の歩幅に影響し、この筋肉がロックすると、歩幅が小さくなります。
中臀筋
中臀筋は骨盤のバランスを担う筋肉ですので、この筋肉がロックすると、脚の着地点がバランス悪かったり、脚を上げる動作ができなかったりします。
中臀筋は外転する筋肉でロックすると、内転時づらくなるため、内転筋をゆるめるとき、中臀筋のロックを解除してから緩めます。

筋肉のロックって?

筋肉への急な動き、ひっぱり、大きな負荷がかかると、急激な動き・刺激から身を護るため、シートベルトのように筋肉が「ロックして伸びなくなる」状態がおこります
例えば、

  • 長時間デスクワークで椅子から立ち上がるとき
  • 重いものを持ち続けているとき
  • コリがあるときに急なストレッチや筋トレ

はじめは自覚症状がなくても日々の積み重ねでこわばりの範囲・強さが大きくなります
そのこわばりを『筋肉のロック』と呼んでいます
 
ロックした筋肉(こわばり)は

  • 引っ張りを感じるほど伸びが悪い
  • 硬い感じがする
  • 触ると痛い!くすぐったい!

と感じます

一度ロックした筋肉は元にもどらず、日々の負荷により積み重なっていきます。
揉んでも、ひっぱっても、揺らしても筋肉のロックは改善しないことが多いです。

その筋肉ロックを解除する方法が筋肉に~刺激や負担をかけないソフトな施術法~「ミオンパシー」です。

からだケアゆるむんやでは、「ミオンパシー」の施術法を使用しております。

ミオンパシーはその『急激な動き・刺激から身を護るスイッチ』を解除し、血行を阻害するものを改善し、自然治癒力により痛みを改善します
そしてカラダ・筋肉が自然と喜ぶように「しなやかさ」をとりもどし、触っても痛みがラクに改善します
これからのあなたに楽しい時間や仕事やスポーツの目標達成のために全力でサポートさせていただきます

ご予約について

◇ご予約はこちら
ご予約ページへ

 

お問い合わせ

筋肉を本来のニュートラルな状態へ戻す
 ゆるむんや 

<所在地>
〒810-0022
福岡市中央区薬院2-13-33 VIP薬院502
<TEL>
092-791-1415

<営業時間>
月~日曜日 10:00~21:00(不定休)